外国人観光客42人を乗せたツアーボートがパンガーの砂州で立ち往生

パンガー–

プーケットからの 42 人の観光客を乗せたツアー ボートが、パンガーの砂州で立ち往生しました。

アオ パンガー国立公園の責任者であるナタワット ヌイスリンガム氏は、プーケット エクスプレスに次のように語っています。今週初め、彼らは干潮時にタケン ヒルとノム サオ ヒルの間の砂州で動けなくなったツアー ボートを助けました。

船は外国人観光客42人を乗せてプーケットから出航していた。 彼らは、クラビのハット ノッパラット タラ - ムー コ ピピ国立公園とアオ パンガー国立公園に旅行していました。

ボートの乗組員と外国人観光客は、ボートを岸から XNUMX 分間押し出そうとしましたが、失敗しました。 国立公園のスタッフは、ついにボートを砂州から押し出しました。

この事件による怪我人はいませんでしたが、何人かの観光客はツアースケジュールの遅れに苛立ちました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。