プーケット、海に入るボートに警報を発令

プーケット-

南部気象センター(西海岸)は月曜日(22月XNUMX日)、小型船舶が出港して外海に出ないよう警告を発した。

南部気象センター(西海岸)所長のウィロジ・リウィジャロンサップ氏はプーケット・エクスプレスに対し、タイ気象局(TMD)によると、南西モンスーンがタイ南部とアンダマン海を覆っていると語った。 タイ南部ではさらに雨が降り、一部の地域では大雨が降る可能性があります。

アンダマン海の波の高さは、外海では最大 XNUMX メートル、雷雨地域では XNUMX メートルを超えます。 アンダマン海に入るボートは注意して航行する必要があります。 小型ボートは陸上に留めておくべきです。

*****************************

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。