クルーズ客船、1,800人の観光客を乗せてサムイ島に到着

サムイ、スラタニ–

クルーズ客船は1,800人の観光客を乗せてチョンブリを出発し、カンボジア、ベトナムに向かい、サムイ島に到着した。

スラートターニー州知事のウィチャウット・ジントー氏はプーケット・エクスプレスに対し、「今週、『コスタ・セレナ』クルーズ客船が『日帰り旅行』のためタイ人やアジア人の観光客を乗せてナトン桟橋に到着した」と語った。

「彼らはシラチャのレムチャバン桟橋から出発し、その後カンボジア、次にベトナムのフーコック島、そして最後にサムイ島へ向かいました。」 知事が説明してくれました。

「観光客は自然歩道を歩いたり、寺院を訪れたりするなど、サムイ島の観光地を訪れました。一部の観光客は海で泳ぎに行ったり、シーフードや屋台の食べ物を食べたり、地元の生活様式を体験したりしました。」 知事は付け加えた。

「昨年32月から今年まで、少なくともXNUMX隻のクルーズ客船がサムイ島に到着した。」 知事はこう締めくくった。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。