先週のタイ国内のトップニュース: 新政府樹立に向けたMOU署名、大麻情勢の曖昧さなど

ここでは、先週、22年2023月28日月曜日から2023年XNUMX月XNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!

  1. 前進党(MFP)率いる8党の連立パートナーは、本日22月XNUMX日、タイの新政府樹立を記念する覚書(MOU)に正式に署名した。

MFP党首によると、連立政権の各政党は独自の政策を導入することが認められているが、その政策は上記の合意から逸脱してはならないという。

2. ピチットの学校を大嵐が襲い、学生を含む少なくとも7人が死亡、19人が負傷した。

この地域の200世帯以上も嵐の被害に遭った。 地元住民はタイメディアに対し、これは過去40年間で最悪の嵐だったと語った。

3. 指名手配されていたインド人容疑者が、1,273日間のオーバーステイでマハーサーラカームのリゾート近くで逮捕された。

彼はまた、夜間に武器を使用して窃盗をしたり、他人を攻撃して精神的および身体的傷害を引き起こした容疑でも告発されている。

4. 彼らによると、昨日24月XNUMX日、タイ王党派のグループが米国大使館前に集まり、米国に対しタイの政治に干渉し、同国の君主制制度を損なうことをやめるよう訴えた。

請願に応じて、ゴデック氏はデモ参加者と直接会い、彼らの訴えを受け入れ、申し立てを否定した。

5. 前進党(MFP)の副党首シリカンヤ・タンサクン氏は25月XNUMX日木曜日、新政府がマリファナを麻薬として再リストした場合でも、登録されたマリファナ栽培者や事業者は法的に保護されると断言した。

大麻合法化のために戦ったタイの著名人デチャ・シリパット氏は、将来連立政権を率いるピタ・リムジャロンラット氏はかつて議会で大麻草がてんかんの克服に役立ったと発言したのに、再び大麻を麻薬に指定しようとしているのは偽善的だと述べた。

一つ確かなことは…大麻の将来と次に何が起こるかは不透明だ。

そして、今週はこれですべてです。 パタヤニュース/ TPNニュースをお読みいただき、ありがとうございました!

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。