プーケットがタイ初の狂犬病撲滅県として発表

プーケット-

プーケットはタイで狂犬病が発生していない最初の県として疾病管理局(DDC)によって正式に発表される予定です。

プーケット副知事のダナイ・スナンタロッド氏はプーケット・エクスプレスに対し、DDCの事務局長であるタネット・クラツァナイタウィウォン医師は、タイ初の狂犬病のない県としてプーケットを支援することに成功していると述べたと語った。 同州では動物と人間の両方の狂犬病の予防と管理を継続しているため、最近の狂犬病による死亡者は出ていない。

2018年、タイでは狂犬病により18人が死亡しました。 しかし、昨年の狂犬病による死亡者数はわずかXNUMX人でした。

過去15年間、プーケットでは狂犬病で死亡した人は一人もいません。 プーケットはタイで狂犬病が発生していない最初の県として正式に発表される。 これにより、観光客はより自信を持ってプーケットを訪れることができるようになります。

========================

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。