パンガーでひれを失ったウミガメが救出される

パンガー–

足ひれの片方を失ったウミガメがタイムアン地区で保護された。

カオランピハット・タイムアン国立公園事務所はプーケットエクスプレスに対し、負傷したまだ生きているウミガメが海岸で発見されたと地元の村民から通報を受けたと語った。

救助隊が海岸に行ったところ、体長約56センチ、幅約55センチのヒメウミガメを発見した。 右のフリッパーが欠けていました。 ウミガメは漁網に引っかかって傷を負い、足ひれに感染症を起こし、不運にも命を落とした可能性があると考えられている。

負傷したウミガメはプーケットのシリーターン海洋絶滅危惧動物保護センターに運ばれた。

=======================

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。