プーケットの公共射撃場でベルギー人男性が発砲し自殺  

ラワイ–

ラワイの射撃場でベルギー人男性が銃自殺した。

チャロン警察は火曜日(13月XNUMX日)に事件の通報を受けた。th)午後、西園の射撃場にて。 警察、救急隊員、プーケットエクスプレスが射撃場に到着し、外国人男性の遺体を発見した。警察はこの男性の遺体をベルギー国籍のキリストさん(52歳)と特定した。 彼のフルネームは大使館と家族との連絡が保留されるまで伏せられていた。 頭には一発の銃創があり、体の近くには拳銃があった。

射撃場の職員らが警察に語ったところによると、外国人は射撃の練習をしたいと言い、通常の射撃場料金を支払ったという。 彼は射撃ブロックにいて、標的に向けて一発発砲した後、あまりにも突然に自分に銃を向けたので誰も彼を止めることができなかった。 警察は、外国人がプーケットに滞在しており、オートバイの運転免許証やその他の現地書類を持っていたことから、駐在員であることを発見した。

さらなる警察の捜査が行われるまで、射撃場の名前は伏せられた。

あなたまたはあなたの知り合いが落ち込んでいる場合は、助けを求めてください。 TPN Media は、ここからアクセスできるタイのサマリア人を提案しています。

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

=======================

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。