タイNSC、南部住民投票グループへの調査が進行中と発表

プレスリリース:

国家安全保障会議(NSC)は、タイ南部に独立したイスラム教徒「パタニ国家」を樹立するための国民投票を主張する活動家グループに対し、治安当局が現在調査を行っていることを明らかにした。

NSC事務総長のスポジ・マラニヨム将軍は、国内治安作戦司令部(ISOC)第4地域前線事務所と州警察第9地域がソーシャルメディアでの存在を含むこのグループの活動を注意深く監視していると述べた。

スポジ将軍によると、捜査の主な焦点は、このグループが憲法やその他の関連法に違反する分離主義運動に関与していないかどうかを判断することだという。 同氏は、調査はISOC主導で進行中であると説明し、結論までには時間がかかるかもしれないが、入手可能な証拠に基づいて適切な措置が取られるだろうと付け加えた。

スポジ将軍は、グループの活動への政党の関与の可能性に関する質問に答えて、当局がこの問題を調査しており、それに応じて対応することを確認した。

独立したイスラム国家の樹立に関する国民投票を求める同団体の要求に関して、スポジ将軍は、そのような要求は憲法の下で許可されていないと断固として述べた。 第4軍司令官サンティ・サクルタナク中将もスポジ将軍の意見に同調し、住民投票の提案は違憲であると非難し、タイの領土一体性と国家安全保障に対する脅威であると指摘した。

セミナーには、プラチャーチャット党の副党首でパタニ選出議員のウォラウィット・バル氏やFAIR党の副幹事長ハキム・ポンティゴール氏などの著名な講演者が出席した。 両党は次期政権樹立を目指す前進党主導の連立政権に参加する予定だ。

第4軍管区の司令官は、タイ南部の若者が政治的な目的で操作されている可能性があることに懸念を表明した。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。