プーケットで夫婦逮捕、投資詐欺容疑で被害額20万バーツ以上

プーケット-

偽の投資を行商し、複数の被害者から20万バーツ以上の損害賠償をだまし取った疑いで、タイ人の夫婦がプーケットで逮捕された。

中央捜査局(CIB)は今週、タラーン州スリ・スーントーンのレンタルルームでサニットさん(37)とアンフォンさん(34)という夫婦のみを逮捕したと報告した。 この逮捕は、アユタヤ地方裁判所が両者を詐欺容疑で発行した逮捕状に続いて行われた。 容疑者2人は告発を否認し、無実であると述べた。

CIBによると、夫妻はフェイスブックページを開設し、いわゆる低リスクで高い報酬を得る投資を人々に勧めたが、約束通りの成果は得られなかった。 損害賠償額は約20万バーツ。 サニット氏はCIB警察に対し、この投資計画について何も知らなかったと供述し、自分の銀行口座をガールフレンドに渡し、実質的に彼女をバスの下に投げ込んだと主張した。 ガールフレンドについては、アンフォンさんは誰かをだますつもりはなかったと述べたが、メディアに対してそれ以上は明らかにしなかった。

この事件は本稿執筆時点でまだ捜査中である。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。