ウィチットの桟橋近くで弱ったイルカを発見

ウィチット–

ウィチットの桟橋近くで疲れ果てたイルカが発見され、救出された。

プーケットのシリーターン海洋絶滅危惧動物保護センターはプーケットエクスプレスに対し、木曜日(15月XNUMX日)にウィチットのプーケット税関桟橋でイルカが衰弱していると通報を受けたと語った。

彼らはまだ生きているイルカを見つけるために桟橋に到着しました。 雄のイルカは体長193センチ、体重42キロ。 イルカに傷は見つからなかったが、イルカは疲れきっていた。 イルカは治療のためウィチットのシリーターン海洋絶滅危惧動物保護センターに運ばれ、その後海に戻された。

しかし、センターのスタッフは、そのイルカが以下で取り上げたように、ラサダのタジーン運河で目撃されたイルカと同じかどうかについては言及しなかった。

プーケットのムアン地区ラサダ地区の運河でイルカが目撃された。

=======================

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。