2028年万博誘致失敗にもかかわらず首相、各方面に感謝

バンコク(NNT) – 首相は、「エキスポ2028プーケット・タイ」と呼ばれる2028年専門博覧会の開催権を獲得するため、タイ南部の島プーケット県を宣伝するための共同の努力に対してタイ国民に感謝の意を表した。

アヌチャ・ブラパチャイシリ暫定政府報道官は、タイが落札できなかったにもかかわらず、プラユット・チャンオチャ首相から感謝の意が表明されたことを明らかにした。

首相は、政府部門、民間部門、公共、地域社会の間の団結と協力を認めた。

「生命の未来: 調和のとれた暮らし、繁栄の分かち合い」をテーマとした 2027/2028 年の専門博覧会では、さまざまな関係者が集まり、ビジョンを提示し、イベントを開催するタイの準備を促進しました。 しかし、セルビアが専門博覧会の開催地に選ばれ、首相も祝意を表明した。

アヌチャ氏はさらに、主催者には選ばれなかったものの、示された準備レベルはあらゆる分野にわたる協力を強調していると指摘した。 これにより、プーケット県はインフラ、経済発展、包括的な医療サービスセンターの設立など、さまざまな側面における持続可能性に焦点を当てた長期開発計画に引き続き取り組むことが保証される。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。