ソイドッグは、タイ初の狂犬病のない県になるというプーケットの目標を支援します

私たちの前の話:

プーケットはタイで狂犬病が発生していない最初の県として疾病管理局(DDC)によって正式に発表される予定です。

プレスリリース:

プーケットに本拠を置くソイ・ドッグ財団(野良動物のCNVRプログラム(捕獲、去勢、ワクチン接種、返還)はこの種のプログラムとしては世界最大)は、疾病局長タレス・カッサナイラウィウォン博士の最近の発表を支持した。プーケットをタイ初の狂犬病のない県にするために畜産開発局と地方行政局と協力する意向をコントロール。

世界保健機関 (WHO) や狂犬病対策世界連合 (GARC) を含むいくつかの主要当局は、人間の狂犬病を排除する最も効果的な方法は犬の狂犬病を排除することであることに同意しています。 地域内の 70% の犬にワクチンを接種すれば、狂犬病は撲滅されます。 野良犬の数を減らす場合も同様の状況です。 地域内の犬の 80% に去勢手術を施すと、維持プログラムが継続される限り、その数の継続的な減少につながります。 これは、集団免疫を構築し、去勢されていない新たな犬が縄張りを占拠するのを防ぐために、ワクチン接種および去勢手術を受けた犬がその場に残されることが条件となります。

ソイ・ドッグのCNVRディレクターであるトゥンティコーン・ルンパタナ博士は、これがまさに財団の大規模プログラムの仕組みであると語る。 ソイ・ドッグが収集したデータによると、同財団は致死性の病気の撲滅を支援するために長年努力してきたため、同島の野良犬の80%以上がすでに去勢手術とワクチン接種を受けていることが示されている。

「ソイ・ドッグはプーケットをタイ初の狂犬病のない県にするためにあらゆる分野と協力するつもりであり、私たちは最新の発表に興奮しています」とトゥンティコーン博士は述べた。

ソイ ドッグは 2003 年の設立以来、この非営利団体は政府機関やプーケットの一般大衆と協力して、島の各島に移動式避妊・去勢手術やワクチン接種クリニックを設置するなど、野良犬や野良猫によって引き起こされると思われる問題に対処してきました。地域社会への奉仕活動と人道的な教育プログラムの設立。その目的は、地域社会や学童に野良動物との関わり方を教えることです。 ソイドッグは長年にわたり、政府が運営する野良犬保護施設に収容されている犬のワクチン接種と定期健康診断も実施してきた。

狂犬病撲滅の取り組みはより広範な協力によってのみ成功することができるため、最近の発表は正しい方向へのさらなる一歩である。

「ソイ・ドッグ財団は、野良動物の問題は単一機関だけでは解決できず、むしろあらゆる分野の協力が必要であることを認めています」とトゥンティコン博士は述べた。

疾病管理省の局長と関連部門は、ソイドッグの代表としてトゥンティコーン博士が参加し、さらなる議論を行うためにXNUMX月にプーケットで会議を開催する予定である。 すべての関係者が財団の CNVR プログラムについてさらに学ぶことができるよう、ソイ ドッグ保護施設への訪問も行われます。

ソイ・ドッグは、タイの狂犬病撲滅を支援するために10,000年間にわたって精力的に活動しており、昨年だけでも、同財団の地域社会奉仕活動と人道的教育プログラムにより、それぞれ11,000万頭以上の動物が治療され、約14万2003千人の子供たちが支援された。 この非営利団体はまた、最近CNVRプログラムをXNUMXチームに拡大し、バンコク都市圏全体とタイ南部の県をカバーすることで狂犬病撲滅への取り組みを強化し続けており、今年後半には犬と猫の飼育頭数XNUMX万匹というマイルストーンを超えると予想している。 XNUMX年からこのプログラムにより全国的に放送されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。