物議を醸したタイの観光料金提案が再び延期

タイ -

300バーツの「土地入場料」の徴収は1月XNUMX日に延期されたst 来年の。

私たちの前の話:

タイは、「アメージング・タイ・ニュー・チャプター」の観光促進コンセプトの下で、すべての外国人観光客に300バーツの「土地入場料」を徴収することを計画している、と政府報道官は12月XNUMX日に報じた。th、2022。

観光スポーツ省傘下の国家観光政策委員会は、観光事故保険や金融危機の場合に影響を受ける労働者と起業家のための資金。

タイ観光スポーツ大臣は、国を訪れるすべての外国人観光客に対する300バーツの「入国料」が最終的に実施されることを確認し、観光客の保険と国を旅行する人々のための緊急資金に使用されることを強調した。

観光スポーツ省は、今年の第 300 四半期まで XNUMX バーツの「入国」料金の徴収を延期することを決定し、「タイランド パス」登録の取り消しを提案する予定です。

300 バーツの「入植」料金の徴収は、今年の XNUMX 月に正式に実施される予定です。

さて、アップデートのために:

ピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ暫定大臣はタイのメディアに対し、「今月施行される予定だった300バーツの『陸上入場料』徴収を1月XNUMX日まで延期することに合意した」と語った。st 来年の。」

「観光客はタイに到着する際、航空機輸送の場合は 300 バーツ、海上輸送の場合は 150 バーツの料金を支払わなければなりません。 国境パス、労働許可証を持つ外国人、XNUMX歳未満の乳児からは料金は徴収されない」とピファット氏は付け加えた。

将来の延期の具体的な理由は明らかにされていないが、タイ政府の交代や、手数料の処理方法と例外を持つ人々を適切に特定する方法を決定する以前の問題など、さまざまな問題が原因であると推測されている。 この計画は観光客にも観光関連企業にも非常に不評だった。

元の記事は姉妹ウェブサイト TPN National News に掲載されました。

ニュースレター登録
アダムジャッド
アダム・ジャッド氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN メディアの共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身です。 彼の経歴は人事と運営であり、XNUMX 年にわたりニュースとタイについて執筆してきました。 彼はフルタイム居住者としてパタヤに約 XNUMX 年間住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上定期的にパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページでご覧いただけます。 ストーリーは電子メールでお送りください [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/