ドンムアン空港の乗客が動く歩道にはまり足を失う

バンコク–

ドンムアン国際空港の女性乗客が今朝、動く歩道で転んで立ち往生し、下肢を失った。

ドンムアン国際空港は木曜日(29月XNUMX日)早朝、タイの関連メディアに明らかにした。th)、近くの監視カメラ映像には、身元不明の女性が国内線第4ターミナルのピア5とピア2の間の南通路にある動く歩道にいたことが示されている。女性はタイ南部のナコーンシータマラートに向かっていた。

監視カメラの映像によると、荷物が左足に当たって転倒したとみられる。 転落後、彼女の足は動く歩道に吸い込まれ、ショックを受けた乗客や近くの空港職員の目の前で、すぐに左下肢の片方を失いました。 彼女は緊急治療を受けるために近くの病院に運ばれたが、現場にいた救助チームは事故の結果、彼女の左足が膝から切断されていることを確認した。

ドンムアン空港は、このデリケートな時期における彼女のプライバシーを理由に、彼女の名前、年齢、国籍を公表しなかった。

動く歩道は現在一時的に閉鎖されており、エンジニアチームが事故の正確な原因を調べるために機器を点検している。 ドンムアン国際空港はすでにこの事件について公に謝罪しており、被害者には経済的補償が全額支払われるとしている。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。