プーケット警察、白昼宝くじ売り場で発砲した銃撃犯を捜索

プーケット-

プーケットタウンの宝くじ売り場が、身元不明の銃撃者が白昼堂々店の窓から銃弾を発砲するという脅迫を受けた。

プーケット市警察は、8月00日木曜日午前29時、プーケットタウンのタラッド・ヤイにあるカセット市場(公共生鮮市場2)近くの宝くじ売り場で事件の通報を受けた。 彼らが現場に向かうと、店のガラス窓にXNUMXつの弾痕があったのを発見した。

警察が安全のため名前を伏せたこの店の管理人は、29日前に店のドアを力づくで開けようとする男がいたと語った。 その時はいなかった息子に会いたかったと男性は言い、男性は対立することなく立ち去った。 XNUMX月XNUMX日の今朝、彼女は同じ男を再び目撃し、その男が店内に発砲して逃走した。 幸いなことに、誰も怪我をしませんでした。

彼女は、息子が男性から3,000バーツ強のお金を借りたからかもしれないと考えていたが、息子は、ガールフレンドがすでにその借りたお金を男性に返していたと話した。 しかし、彼女は両者の間の具体的な詳細については何も知らず、彼女の息子は調査時にその場にいなかった。

プーケット市警察は防犯カメラの映像を調べて犯人を発見している。 また、店主の息子と面談して犯行の正確な動機を調べる予定で、朝のラッシュアワーの人口密集地での行為は不快なものであったと述べた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。