外国人とタイ人の口論がエスカレート、カトゥーで複数発銃撃、負傷者なし

カトゥー、プーケット–

カトゥーではタイ人とミャンマー人男性との口論の後、白昼堂々15発の銃が発砲された。

カトゥー警察はプーケットエクスプレスに対し、6月30日水曜日の朝5時XNUMX分に事件の通報を受けたと語った。th)ソイ・スア・ルアンのレンタルルーム前。 彼らとプーケットエクスプレスはすぐに現場に到着しました。

レンタルルーム複合施設の前でXNUMX発の弾丸が発見された。 負傷者や死亡者は報告されていない。 近隣の住民の多くは事件後、恐れて外に出ることを躊躇した。

目撃者らはカトゥー警察に対し、近くで複数のタイ人とミャンマー人男性との間で口論があったと語った。 ミャンマー人男性は口論現場近くの労働キャンプに隠れるためソイに逃げ込み、タイ人のグループが追いかけてきた。 キャンプの労働者らはタイ人に対し、タイ人が怒って銃を空に向けて発砲するまで、ミャンマー人男性を見ていなかったと話した。 その後、タイ人はその地域から逃走した。

カトゥー警察は、公共の場で銃を発砲した人々を探し出し、口論の内容を特定するために捜査を続けている。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。