最新情報:ロシア人男性がプーケットの有名寺院から飛び降り死亡、友人らは幻覚を見ていた可能性があると語る

プーケット-

チャロンの有名な寺院で、35歳のロシア人男性が仏塔から飛び降り、救助の努力にもかかわらず死亡した。 友人らはタイのメディアに対し、幻覚が始まる前に未知の物質が混ざった可能性のある水を飲んだと語った。

事件のビデオはここで見ることができますが、敏感な視聴者を不快にさせる可能性があります。 閲覧者の判断をお勧めします。

私たちの前の話:

正体不明の外国人男性が今夜、プーケットで最も有名な寺院に登った。 彼は数時間にわたって塔から飛び降りると脅迫したが、寺院の頂上で救助隊と格闘しようとした後、ついに飛び降りた。

さて、アップデートのために:

高い塔の上に35時間登った後、XNUMX歳のロシア人男性は飛び降りた。 彼はエアマットレスに落ち、その結果、いくつかの怪我を負った。 ロシア人男性は事件後ショック状態に陥った。 心肺蘇生と挿管が施されたが、最終的に地元の病院で死亡が確認された。

シャロン市長のタナポン・オングサンティパルブ夫人はプーケット・エクスプレスに対し、ロシア人の友人と話したと語った。 友人らは、ロシア人男性は幻覚を見る前に未知の物質を混ぜた水を飲んだと主張した。

この事件は本稿執筆時点でまだ調査中である。

あなたまたはあなたが知っている誰かが落ち込んでいると感じている場合は、助けを求めてください。 パタヤニュースは、ここで到達できるタイのサマリア人を示唆しています:

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。