ラワイで溺死から救出された双子の少年

ラワイ–

プーケットのラワイで溺れていたミャンマー人の双子の少年が救出された。

ラワイ市長のアルーン・ソロス氏は水曜日(12月XNUMX日)、プーケット・エクスプレスに次のように語った。th)、午後 4 時 40 分にソイ ナヤのラグーンでの事件が緊急対応者に通報されました。 XNUMX歳くらいの双子のミャンマー人少年が水中から引き上げられた。 彼らの名前は年齢のため伏せられていた。

彼らは呼吸を止めていたため、心肺蘇生法が施された。 近くの病院に救急搬送される前に脈拍は回復した。

プーケット・エクスプレス紙は、溺死寸前の状況の背後にある状況はすぐには明らかにならなかったと述べている。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。