プーケットの韓国人女性、彼氏と口論後に自ら命を絶つ

プーケット—

韓国人女性がプーケットの宿泊施設のバスルーム内で石炭の煙で自身と飼い猫2匹を窒息させ、2匹とも死亡した。

チャロン警察署の警察官は、8月16日土曜日の午前XNUMX時頃に死亡した被害者に関する報告を受けました。 通報を受けて彼らはムアン地区ラワイ地区にある彼女の家に急行した。

警察は事件現場で、43階のバスルーム内で仰向けに横たわっている女性の遺体を発見した(家族の許可を得るまでパタヤ・ニュースは名前を伏せている)。 XNUMX歳の女性は韓国国籍だと報じられている。 状況がデリケートであるため、彼女の名前は伏せられました。

警察が調べたところ、彼女の鼻から血が流れ出ているのが発見された。 警察は女性が窒息するために燃えている石炭を蓄えるために使用したものとみられる鉄鍋とともに、彼女のそばでXNUMX匹の猫が死んでいるのも発見された。 現場では怪我や不正行為の痕跡は見つからなかった。 女性は正確な死因を特定するために地元の病院に搬送された。

名前は伏せられている被害者の韓国人のボーイフレンドとのインタビューによると、故人は事件前にボーイフレンドと口論になっていた。 口論の原因は、彼が別の県で働いていたために彼女と過ごす時間がなかったことだった。

被害者は命を絶つことを決意する前に、ボーイフレンドに電話で「死にたい」と別れを告げた。 その後、彼氏は急いで宿泊施設に戻ったが手遅れだった。

被害者の遺体は葬儀の手配のため病院に残っている。 警察はその事件を捜査している。

あなたまたはあなたが知っている誰かが落ち込んでいると感じている場合は、助けを求めてください。 パタヤニュースは、ここで到達できるタイのサマリア人を示唆しています:

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。