タイは25.8年に2024万人のアジア観光客誘致を目指す

全国 -

タイ観光局(TAT)は来年25.8年に短距離諸国から2024万人の観光客を誘致する計画を立てている。

TATのサネット・ペチュスワン副知事は、TATはアジアと南太平洋の市場、つまり短距離市場からの観光客をターゲットにしていると述べた。

これらの市場から 25.8 万人の観光客を誘致するという目標は、最近の TAT 会議中に設定されました。 この数字は、来年の国際観光客全体目標である74万人の35%に相当します。 目標は1.2兆63億バーツの収益を生み出すことで、これは海外市場の総収益目標1.92兆XNUMX億バーツのXNUMX%を占める。

対象は東アジア(1248万人)、ASEAN諸国(1051万人)、南アジア(210万人)、オセアニア(78万7000人)からの観光客に分かれる。

サネット氏は、最も困難な課題は中国市場だと述べた。 2023年にタイを訪れる中国人観光客の数はいくらか落ち着きましたが、今年上半期のタイへの到着者数はわずか5万人であったため、その数が予想目標の1.44万人に達するかどうかはまだ不確実です。中国から。

一方、TATの欧州、アフリカ、中東、南北アメリカ担当副知事であるシリパコーン・チューサムート氏は、TATが欧州や米国などの長距離市場から9.2万人の観光客を誘致するという目標を設定していると述べた。

これは国際観光客のターゲット全体の 26% を占めます。 しかし、収益創出という観点から見ると、長距離市場は収益全体の 37%、つまり 721 億バーツに相当すると予想されます。

これは、ヨーロッパや米国からの旅行者は短距離市場に比べて平均滞在時間が長くなり、平均費用が高くなる傾向があるためです。 今年の最初の 19 か月の最近のデータによると、ヨーロッパの観光客の平均滞在日数は 71,718 日間で、XNUMX 回の旅行当たりの平均支出額は XNUMX バーツです。

中南米市場の平均滞在日数は 16.17 日、99,172 回の旅行あたりの平均支出額は 15.26 バーツです。 アメリカ市場に関しては、平均滞在日数は 76,297 日で、XNUMX 回の旅行当たりの平均支出額は XNUMX バーツです。

シリパコーン氏は、2023年の長距離市場の傾向は観光客7万人というTAT目標を上回り、観光客8万人に達したと付け加えた。 この点で際立った市場はロシアでした。 ロシア人観光客の年間目標は1万人に設定されていたが、最初の789,000か月ですでに2024万XNUMX人のロシア人観光客がタイを訪れた。 したがって、ロシアは現在大きな可能性を秘めた市場とみなされており、TATはXNUMX年にロシア市場の成長を現在のXNUMX倍に拡大する必要があるとシリパコーン氏は述べた。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。