イスラム教徒の外交官がタイ南部国境地域の発展を視察

プレスリリース:

イスラム教XNUMXカ国の外交官は最近、地元の開発取り組みを視察するためタイ南部国境地方を訪問した。

南部国境地域行政センター(SBPAC)は、特に安全保障、生活の質の向上、多文化主義の推進に関して、この地域での進展を外交官らに伝えた。

最南端のヤラー県、パッターニー県、ナラティワート県には、イスラム教を信仰する人々が多く住んでいます。 SBPAC事務総長のソムキアット・ポンプラユン少将は、強固な多文化社会を育成し、進行中の問題の平和的解決を促進するための社会心理学的保証を生み出すセンターの取り組みについて説明した。

このセンターの最終目標は、住民の良好な生活を確保し、アイデンティティ、信念、文化、伝統に従って生きる自由を守ることです。

国家安全保障会議によると、南部国境地帯での暴力事件の件数は2016年以降減少している。昨年86月から2023年33月までに報告された事件は110件、死者48人、負傷者69.44人だった。 これらの数字は、2017 年の同時期と比較して、感染者数が XNUMX% 減少し、死亡者数が XNUMX% 減少したことを示しています。

状況が着実に改善しているのは、官民の協力努力によるものである。 タイ当局は引き続き進展について楽観的な見方をしている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年間働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。