パンガーでドイツ人観光客がスキューバダイビング後に死亡

プーケット-

パンガーでスキューバダイビングに行った59歳のドイツ人男性の死亡が確認された。 彼の遺体はプーケットの病院に運ばれた。

プーケット観光警察はプーケットエクスプレスに対し、金曜日(28月XNUMX日)午後に悲しい事件の通報を受けたと語った。th)。 59歳のドイツ人男性観光客が、パンガー県ヤオ島地区フラワー島(ドクマイ島)近くでスキューバダイビングに行った後、意識不明の状態で発見された。

彼はツアー会社と一緒にスキューバダイビングに出かけたが、タイ警察によるさらなる捜査が行われるまでその名前は伏せられていた。 友人らは捜査中の警察に対し、男性は深さ20メートルまで潜り、その後ボートに上がって休憩し、疲れ果てた様子だったが病気ではなかったと語ったという。 友人らはその後、男性が意識を失い、うつ伏せになってボートの上に横たわっているのを発見し、救助隊に助けを求めた。 男性はプーケットのシャロン病院に救急搬送されたが、途中のボートで心肺蘇生法が施されたにもかかわらず、到着時にシャロン病院で死亡が確認された。

ドイツ人男性の正確な死因はまだ不明で、関連機関と医療スタッフによって調査中である。

ドイツ人観光客は22月XNUMX日にタイに入国したnd, 観光ビザで2023年。 彼のビザは20月XNUMX日に期限切れになる予定だったth、2023年。家族と大使館からの通知が出るまで彼の名前は伏せられていた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。