最新情報:行方不明のセネガル人観光客の遺体がプーケットのカロンに漂着

カロン —

28月XNUMX日に荒れた海で行方不明になったセネガル人観光客の遺体が、今日プーケットのカロン地区に漂着した。

まず前の話:

セネガルからの男性観光客がプーケットのカロンにあるフリーダムビーチで海水浴に行った後、行方不明となった。

さて、私たちのレポートは次のとおりです。

行方不明のセネガル人男性、チェイホヌナ・ベさん(22)の遺体が、金曜日に行方不明と報告された場所近くのフリーダムビーチで発見された。

ビーさんは、プーケットのムエン地区カロン地区にあるフリーダムビーチで、友人3人と海水浴に行った後、荒れた海で行方不明となった。 後者は救出され、生き残った。

海難救助センターの救助隊員と10人のライフガードは、事件の通報を受けてただちに捜索救助活動を実施した。

海軍安全保障作戦センター地域 3 は、救出任務を支援するために専門チームを派遣しました。 しかし、海の状況が荒れていたため、行方不明の観光客の捜索は困難に直面した。 最終的に、今日6年50月30日午前2023時XNUMX分に、観光客の遺体がフリーダムビーチに打ち上げられているのが発見されました。

ヴァチラ・プーケット病院によると、死亡したのは行方不明のセネガル人男性であることが確認された。 当局は現在荒れている海で泳ぐことに対して警告した。

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。