インド人男性XNUMX人がプーケットのビーチで溺死、遊泳禁止の警告を無視した疑い

プーケット-

インド人観光客XNUMX人がプーケットのムアンのカロンビーチで、赤旗と遊泳警告を無視したとして溺死した。

緊急対応者は火曜日(6月45日)午後1時XNUMX分にカロンビーチで事件の通知を受けた。st)。 彼らとプーケットエクスプレスは、ビーチ沿いに遊泳禁止を意味する赤旗を掲げてビーチに到着した。

救助隊員が到着する前に、インド人の男性観光客31人がすでにライフガードによって波からビーチに引き上げられていた。 二人には脈拍がなく、近くの病院に運ばれたが、その後死亡が確認された。 そのうちのXNUMX人はカロン警察によってSAGER JVGTAWAT氏(XNUMX歳)であると特定されたが、もうXNUMX人の男性は関係当局によってまだ公表されていない。

XNUMX人の男性の身元不明のインド人の友人らはカロン警察に対し、この地域を訪れたのは合計XNUMX人だったと語った。 うち4人は水に入らないよう十分な警告があったにもかかわらず、海で泳ぎに行った。 4人全員が強い波によって海に引き上げられた。 彼らはライフガードによってビーチに連れ戻されましたが、男性のうちXNUMX人は悲劇的に溺死しました。

最近の同様の事件:

セネガルからの男性観光客がプーケットのカロンにあるフリーダムビーチで海水浴に行った後、行方不明となった。

28月XNUMX日に荒れた海で行方不明になったセネガル人観光客の遺体が、今日プーケットのカロン地区に漂着した。

タイ人男性がタラーンのビーチで赤旗を無視して海水浴に行った後、行方不明になったと報告されている。

タラーン地区のビーチで、大きな岩の上でタイ人男性の遺体が発見された。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。