タイ貢献党、前進党なしで新タイ政府を樹立へ

写真:Siamrath

全国 -

タイ貢献党は今後、前進党抜きで新たな連立政権を樹立し、これまでの連立政権間の覚書は無効となる。

本日2月XNUMX日午後半ばにタイ貢献党の指導者チョンラナン・スリケーオ氏によって発表されたこの動きは、タイの現在の政治情勢に対する劇的な変化と考えられていた。

チョンラナン氏は、タイ貢献党が次期首相投票でさらなる支持を見つけるよう旧連立政権から命じられた後、連立政権外のほとんどの政党と軍事政権が上院議員に任命した政党が支持も投票もしないと主張したため、同党は行き詰まりに直面していると推論した。 Move Forward がその一部であり続ける限り、連合は存続します。

この問題は、国王陛下に対する名誉毀損を保護する物議を醸している不敬罪法を廃止するのではなく、改正するというムーブ・フォワードの計画によるものだとチョンラナン氏は明らかにした。 Move Forward は、この違反に対する法的罰則を軽減したいと考えていました。 チョンラナン氏はさらに、タイ貢献党主導の新たな連合の指導の下では、いかなる方法や形式においてもそのような修正案を支持するつもりはないと述べた。

4月XNUMX日金曜日の次の首相投票によると、チョンラナン氏は次のように述べた。 新しい連立政権は実業家のスレッタ・タビシン氏を首相候補に指名する。 政権樹立後は直ちに国民が選んだ憲章起草委員会を設置してタイ憲法の改正を推し進める。

チョンラナン氏は、新憲章の発効後、政府は新たな選挙のために議会を解散する予定であることを明らかにし、その前に新政府は国民に憲章を書き直すかどうかを問う国民投票を実施する予定だと付け加えた。

チョンラナン氏は新連立を構成する政党を明らかにしなかったが、「前進」党首ピタ・リムジャロエンラット氏を首相として承認した以前に締結された覚書は現在無効であると認めた。

同氏はまた、スレッタ・タビシン氏を首相として投票するかどうかはムーブ・フォワード次第だと付け加えた。

これとは別に、タイ貢献党の指導者はムーブ・フォワードに対し、党が以下を含むムーブ・フォワードの政策の一部を追求し続けることを約束した。

  • 婚姻平等法案の復活
  • 進歩的酒法案の復活
  • 官僚制度、警察、軍隊、司法制度の改革
  • 義務的徴兵制を志願制に置き換える
  • 使命と予算編成の両方の観点からの分散化
  • あらゆる産業における独占の排除と公正な競争の促進

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。