タオ島とサムイ島はピークシーズンを前に大規模な観光客の急増を記録

プレスリリース:

スラートターニー県のタオ島では先週、30,000日当たりの観光客数が記録的な数字を記録し、近くのサムイ島では今月ホテルの予約からXNUMX万人近くの観光客が訪れると予想されている。

タオ島の観光協会は、3,106月28日に2人の観光客がボートで島に到着し、島のXNUMX日の新記録を樹立したと報告した。 到着者数の増加は、XNUMX月XNUMX日までのXNUMX日間の政府休暇の開始と一致した。

ウィチュワット・ジント州知事は、訪問者の約90%が3月XNUMX日にハットリンビーチで開催される有名なフルムーンパーティーに出席するためにパンガン島を訪れる外国人観光客であると説明した。

一方、隣のサムイ島は、141,400月に島の空港を利用して到着した観光客の数が30,000万171,800人を超えたと報告した。 当局は、ホテルの予約に基づいて今月さらにXNUMX万人の訪問者が島を訪れると予想しており、空路による島への訪問者の総数は約XNUMX万XNUMX人となる。

サムイ島観光協会のラチャポーン・プーンサワット会長は、需要の高まりに応えて、フライトの制限により事前に宿泊予約をした多くの人がキャンセルになったため、同協会は航空会社に毎日の便数を増やすよう要請したと述べた。

この積極的な措置は、今後のピークシーズン中に予想される観光客の流入に備えることを目的としており、期間中の島の経済に約5億バーツを生み出すことが見込まれている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。