プーケットに向かうXNUMX隻のスピードボートが高波と格闘する様子がソーシャルメディアで拡散

プーケット-

それぞれ11人乗りと47人乗りのXNUMX隻のスピードボートはプーケットに戻る途中、高波と格闘しなければならなかった。

プーケットに戻る途中、クラビのピピ島の間の海で強風と強い波と格闘するXNUMX隻のスピードボートのビデオクリップが今週ソーシャルメディアで話題になった。 このビデオは、彼らの前にいた別のスピードボートに乗っていたツアーガイドによって録画されたものです。 一部の乗客は救命胴衣を着用していなかったという。

プーケット海洋事務所のチャヤポン・プラニット所長はプーケット・エクスプレスに対し、11隻のスピードボートには合計47名とXNUMX名の乗客が乗っていたと語った。 名前は明らかにされていないが、両船長は取り調べを受けている。 当局はボートの船長2人が安全規則に違反したかどうかも調査している。 そうなった場合、船舶運転免許は最長2年間取り消される可能性がある。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。