破壊された花火倉庫の所有者はマレーシアにいるとみられる

プレスリリース:

29月12日に発生し、121名が死亡、292名が負傷、XNUMX軒の家屋に被害をもたらした壊滅的な花火倉庫の爆発事件を受けて、捜査当局は、倉庫の所有者であるソンポン・ナクル氏とピヤヌッチ・プンウィラワット氏が逃走中であると発表した。隣国マレーシアに潜伏しているとみられる。

ナラティワート警察によると、夫婦は取り調べのために呼び出されたにもかかわらず出頭しなかった。 報告書によると、彼らの事業は州の有力者と関係があるとされており、花火、タバコ、酒、麻薬、労働者などの密輸活動に関与している地元の政治家が支援していると考えられている。

夫婦が2016年に起きた過去の事件との関連も懸念を引き起こしている。 彼らは60トンの花火と可燃物を許可なく保管、販売したとして逮捕されたが、この訴訟は地方裁判所には持ち込まれず、潜在的な汚職や不正行為に関する疑問が生じた。

著名な活動家アチャリヤ・ルエングラッタナポン氏は、ナラティワート県の花火倉庫爆発事件をめぐる状況の徹底的な調査を求めた。

アチャリヤ氏は、緊急法令と国内治安法が適用されるナラティワートへの花火の持ち込みには適切な許可が必要であり、その過程で潜在的な不正行為が行われるのではないかとの懸念が高まっていると強調した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。