OERC、電気料金対策には新政府の樹立が必要と発言

プレスリリース:

エネルギー規制委員会(OERC)事務局は、新政府が電気料金の追加引き下げについて決定を下すことの重要性を強調した。

商工銀行合同常任委員会がOERCに対して電気料金を4.25台当たりXNUMXバーツに値下げするよう要請したことを受け、OERC事務総長のコムクリット・タントラヴァニッチ氏は、OERCには現在、そうするための十分な資金が不足していると述べた。

同氏は、電気料金を1サタン引き下げるには500億~600億バーツという多額の予算が必要になると説明した。 さらに大幅な20サタン引き下げには、OERCは約15億バーツという巨額の予算を必要とする。 財政的な影響は、そのような決定を下す際に政府の承認が重要であることを浮き彫りにしています。

事務総長は、EGATが最近、予想される干ばつ状況により、ラオスの水力発電ダムによる来年の発電量が減少する可能性についてOERCに通知したと指摘した。 この状況により、EGATはエネルギー生産方法を変更し、予想される不足分を補うためにLNGと石炭への依存度を高める可能性がある。

これらの問題と料金変更による財政への影響を考慮して、OERC はエネルギー料金引き下げに関するあらゆる決定が新政府と緊密に協力して行われるよう引き続き注力していきます。

このような削減の経済的実行可能性と広範な影響は、国家の安定した持続可能なエネルギーの将来を確保するために、OERCと政府の間の協力的な取り組みの重要性を浮き彫りにしています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。