ソイドッグ財団はプーケットの野良犬保護施設で毎年ワクチン接種活動を実施

プレスリリース:

ソイドッグ財団はプーケット野良犬保護施設で毎年ワクチン接種を実施し、責任あるペットの飼い方を呼びかけています。

ソイ・ドッグ財団は今月、タラーンにあるプーケット野良犬保護施設(政府ドッグポンドまたはGDPとしても知られる)で年次ワクチン接種活動を実施した。

プーケット県家畜局と協力して、保護施設にいる847頭の犬すべてにワクチン接種が行われました。 狂犬病、ジステンパー、パルボウイルスを含む XNUMX つの一般的な病気に加え、ダニ、ノミ、寄生虫からも保護されます。 

このワクチン接種活動は、保護施設にいる犬たちの健康と福祉に対するソイドッグの長年にわたる取り組みの一環であり、年末までにプーケットをタイ初の狂犬病のない県として確立するための幅広い省庁横断的な取り組みにも貢献する。 

毎年の予防接種に加えて、 同財団は獣医師スタッフを毎週派遣し、地域社会の支援スタッフを毎日派遣して、そこで収容されているすべての犬の避妊・去勢手術、駆虫、ダニやノミの予防、健康上の問題の治療を確実に行っている。犬の咬傷、疥癬、下痢です。 より重度の症状に苦しんでいる犬は、さらなる治療のために近くのマイカオにあるソイ ドッグ病院に搬送されます。 

避難所で目にした改善点について、次のように語った。 プーケット県畜産局のスタット・ニヨムタイ所長は次のように述べています。 清掃はより組織的に行われ、犬の健康状態は概ね良好です。

「ワクチン接種は、犬の健康を維持し、免疫力を高め、誰かに引き取られる可能性を高めるための重要な要素です」と彼は付け加えた。

改善は続けられていますが、保護することが野良動物の過剰数に対する解決策ではなく、不妊手術と教育、特に責任あるペットの飼い方に主に焦点を当てるべきであるという立場は揺るぎません。  

「プーケット野良犬保護施設に収容されている犬の多くは捨てられたペットであり、私たちはこれらの犬が保護施設の環境でひどい目に遭っているのを何度も見てきました。 快適な家の注目の的から、一晩中コンクリートの建物にいる数百匹の犬のXNUMX匹に移動することは、犬にとって非常にストレスになります」とソイ・ドッグのCEO、ルイーズ・ローズ氏は語った。

「犬を家族に迎えようと考えている人には、犬がこのような運命に陥らないように、その犬のニーズを生涯にわたって世話できるかどうかをまず確信することを強くお勧めします。 

「保護施設に収容されることを望んでいる犬も、収容されるに値する犬もいない」と彼女は付け加えた。 

上記は、PR資料およびTPNメディアに記載されている組織による完全な許可および承認を得て発行されたプレスリリースです。 プレスリリースに関与する組織の声明、考え、意見は完全に独自のものであり、必ずしもTPNメディアとそのスタッフのものを表すとは限りません。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。