チョンブリ事件後、仏教当局が外国企業による詐欺防止のためプーケットの寺院を視察

プーケット-

チョンブリーの寺院で中国人所有の企業が偽の宗教的お守りを販売したと伝えられたことを受け、国立仏教局は外国所有の企業による詐欺を防止するためにプーケットの寺院を検査した。

木曜日(17月XNUMX日)th)、プーケット観光警察、プーケット仏教事務所、プーケット入国管理局の職員チームが、シャロンのラティ・ワナラム寺院(ワット・タイ)、サワン・アロム寺院(ワット・ラワイ)、カオラン寺院(プーケットタウン)、カトゥー寺院、タラーンのスリ・スントーン寺院(ワット・バーンポーン)。

プーケット仏教局はプーケット・エクスプレスに対し、今回の検査は、チョンブリーの寺院で中国人経営のビジネスが場所を借りて観光客に偽のお守りを販売していたことが判明したことを受け、寺院内で中国人経営のビジネスを運営するのを阻止するという国立仏教局の命令に従ったものであると語った。 。

一方、 チョンブリー市当局は、前述の事件後も独自の検査を続けている。

プーケットでは大きな問題が見つかったという報告はありませんでした。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。