プーケットの海から救出された負傷した大型ウミガメ

プーケット-

負傷して漁網に引っかかっていた大きなウミガメがタラーン近くの海から救出された。

海洋沿岸資源局(DMCR)はプーケットエクスプレスに対し、先週末、シリナット国立公園の職員から、負傷したウミガメがサイケオビーチ近くの海で漁網に引っかかっているのが発見されたとの連絡を受けたと語った。マイカオ地区。 ウミガメは無事に近くの海岸に運ばれた。

DMCRはオスのオリーブリドリーウミガメを見つけるためにビーチに到着しました。 体長64センチ、幅65センチ、体重26キロ。 右足ひれが漁網で切れ重傷を負い、大量出血していた。

ウミガメはさらなる治療のため、シリーターン海洋絶滅危惧動物保護センターに運ばれました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。