タイの第2四半期GDP成長率は予想を下回る1.8%

プレスリリース: 

月曜日(21月XNUMX日)に発表されたデータによると、タイ経済は第XNUMX四半期に予想よりも緩やかに拡大し、世界的な需要鈍化の中で観光業の好調が輸出低迷に対抗する一助となった。

政府は輸出の鈍化を理由に、2023年の国内総生産(GDP)成長率予想を2.7─3.7%の範囲から2.5─3.0%に引き下げた。

国家経済社会開発評議会(NESDC)は、東南アジア第1.8位の経済成長率が3.1~XNUMX月期に前年同期比XNUMX%となり、ロイター調査でエコノミスト予想のXNUMX%拡大を下回ったと発表した。

第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比2.7%増加した。

四半期ベースでみると、0.2月四半期のGDPは季節調整済みで1.2%上昇、予想はXNUMX%上昇だった。

第1・四半期GDPは従来の1.9%増から1.7%に改定された。

世界的な需要の低迷で輸出が圧迫される中、タイ経済は重要な観光部門と個人消費の伸びによって支えられてきた。

同庁は、今年の外国人観光客到着者数が28万人との予想を維持した。 2023年の輸出は1.6%減との従来予想に対し、1.8%減少すると予想した。

成長の主要な原動力である輸出は、世界的な需要の低迷、特にタイの主要貿易相手国である中国の減速により、2022年XNUMX月以降縮小している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。