チェンマイ、新たにXNUMX件の猿痘症例を報告

プレスリリース:

公衆衛生当局は最近、チェンマイ県で新たにXNUMX人のサル痘(mpox)症例を報告し、同時に今年のデング熱症例の急増について懸念を表明した。

チェンマイ公衆衛生局の伝染病対策部門長ソンヨット・カムチャイ氏は、当局が同省で31人の確認されたmpox症例を発見したと報告した。 最初の症例はXNUMX歳の男性で、台湾訪問中にウイルスに感染したが、すでに潜伏期間を過ぎているため、感染を拡大させる危険性はない。

40人目の症例はXNUMX歳の男性で、別の県でmpoxに感染し、症状が現れた時にはチェンマイにいた。 患者は現在故郷で隔離されている。

これまでにタイでは217件のmpox感染者が報告されており、そのうち187人がタイ国民であった。 mpx関連の感染症による死亡例がXNUMX名報告されている。

一方、州当局はデング熱の感染者数が大幅に増加していることを懸念している。 ソンヨット氏は、同省では今年約5,000件の感染者が報告されているが、1,000年通年ではわずか2022件であると述べた。チェンマイ市内で最も感染者が多いXNUMXつの地区は首都区とメーアイ地区、ファン、チャイプラカン、メーリム。

公衆衛生局長は、今月末までに感染者数が減らなければ、当局がチェンマイ首都圏をデング熱流行地域と宣言する可能性があると述べた。 これは、さらなる感染を防止し、市内住民の安全を確保するために、この地域では感染症法の施行が必要となることを意味する。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。