デジタルマネーを提供する偽アプリについて国民が警告

プレスリリース: 

当局は、タイ貢献党が選挙期間中に提案した中心政策である10,000電子マネーを約束するとされる登録申請書をダウンロードしないよう国民に警告を発した。

新政権は総選挙中にタイ貢献党が公約した10,000万バーツのデジタル給付金政策を推進する。

スレッタ・タビシン首相は、タイ貢献党が選挙中に国民に約束した10,000万バーツのデジタルマネー配布政策などの主要政策を政府が実施することを確認した。 同氏は、内閣が王室から支持され、党がデジタル通貨配布の実施を中止するという噂を否定すれば、政府は政策を推進するだろうと述べた。

一方、主計局は、新政権が正式に樹立され次第、タイの財政​​状況に関する報告書を発行すると発表した。 チャランポール・ペンスート局長は、この報告書は新政府が主要政策に優先順位を付けるための情報を提供すると述べた。 同局はデジタル通貨配布計画の支援に尽力しているが、同国の状況についてより明確なイメージを政府に提供する必要があると述べた。

同局によると、デジタル通貨の配布には最大560億バーツの費用がかかる可能性がある。 この問題については、近いうちに政府と関連機関の間でさらなる議論が呼び掛けられることになるだろう。

国家サイバーセキュリティ局(NCSA)のポルジェネ・アモルン・チョムチョイ事務局長によると、公的政府機関はこのようなキャンペーンを開始したり、関連アプリケーションをリリースしたりしたことはないという。 これらのアプリは、詐欺行為者によって考案された可能性があります。

Pol Gen Amorn は、ユーザーが個人データの盗難や経済的損失などのリスクにさらされる可能性があるため、これらのアプリケーションのダウンロードやインストールを控えるよう国民に呼び掛けました。 同氏は、この状況を受けてNCSAは既にGoogleに通知する措置を講じており、これらの誤解を招くアプリケーションが検出されたPlayストアから削除するよう促したと付け加えた。

10,000 バーツのデジタルマネーまたはデジタルウォレットの取り組みの最も重要な目標は、地元の消費を刺激することです。 この計画は、最近タイの第30代首相として王室の承認を得たスレッタ・タビシン氏によって導入されたもので、経済を刺激することを目的としている。

この計画によると、16歳以上のタイ国民はそれぞれ10,000万バーツのデジタル通貨を受け取り、デジタルウォレットに保管される。 この資金は登録住所から半径 XNUMX キロメートル以内でのみ利用でき、XNUMX か月以内に必須の日常生活必需品に費やす必要があります。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

投稿内容後の画像
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。