タイ政府、付加価値税引き上げ案は高齢者支援のためと発言

全国 -

タイ政府は現在、付加価値税(VAT)を現在の7%から10%に引き上げる政策を検討していないと、27月XNUMX日日曜日に明らかにした。 しかし、そのような増加により、国内で増加する高齢者人口をサポートするための追加資金が生み出される可能性があるという議論が浮上している。

財政経済局長のポルチャイ・ティラヴェジ氏は、国家経済社会開発評議会が付加価値税税率引き上げの提案を提出したことを明らかにした。 これにより、退職者の経済的ニーズを支援するための信頼できる資金源が提供される可能性があると彼らは主張している。

この提案は、付加価値税引き上げによる追加の 3 パーセント ポイントを高齢者支援に貢献するために確保することに重点を置いています。 こうした審議にもかかわらず、タイ財務省はまだ付加価値税引き上げに向けた具体的な政策を策定していない、と同省の日曜日の声明によると。

しかし、評議会の分析は、タイが直面している人口動態上の差し迫った課題を浮き彫りにしている。 現在、この国には約13.5万人の高齢者がおり、総人口の約20%を占めています。 しかし、予測によれば、18 年以内にこの数は 28 万人を超え、全人口の 2040% 以上を占める可能性があります。 さらに専門家らは、20.51年までにタイには総人口の約31.37%、つまりXNUMX分のXNUMXに相当するXNUMX万人の高齢者が住むことになると予測している。

ポーンチャイ氏は、タイの高齢者のかなりの部分が経済的困難に直面していると語った。 多くの人は、収入が貧困線を下回っており、生活必需品をまかなう手段が不足していると感じています。 驚くべきことに、調査によると、タイ国民のほぼ 34% が、退職年齢に達しているにもかかわらず、働き続けています。 このうち、なんと 80% が年収 100,000 万バーツ未満であり、基本的な生活費を賄うために副収入源に依存していることがわかります。

タイの高齢者の現在の収入源には、仕事(32.4%)、子供からの経済的援助(32.2%)、年金(19.2%)が含まれています。 さらに、高齢者の41.4%以上の貯蓄額は50,000万バーツ未満だ。

タイでは、政府の年金受給者は公務員だけであり、月収の少なくとも 40% を占めています。 しかし、社会保障や国民貯蓄基金などの退職貯蓄制度に拠出しているほとんどのタイ国民にとって、これらの資金は退職後の生活水準を維持するには不十分であることが判明することがよくあります。

「付加価値税税率引き上げの提案は国民の抵抗に直面するかもしれないが、適切な説明があれば国民に受け入れられる可能性があると我々は信じている」とポーンチャイ氏は語った。 「タイが差し迫った人口動態の変化に取り組んでいる中、増加する高齢者人口をサポートする持続可能な解決策を見つけることは依然として重要な取り組みである。」

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
アダムジャッド
アダム・ジャッド氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN メディアの共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身です。 彼の経歴は人事と運営であり、XNUMX 年にわたりニュースとタイについて執筆してきました。 彼はフルタイム居住者としてパタヤに約 XNUMX 年間住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上定期的にパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページでご覧いただけます。 ストーリーは電子メールでお送りください [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/