プーケットで複数のボートが火災、負傷者なし

プーケット-

プーケットの桟橋で火災が発生し、漁船2隻が焼失したが、幸いなことに負傷者は出なかった。

プーケット海洋事務所のチャヤポン・プラニット所長はプーケット・エクスプレスに対し、27年2023月XNUMX日の先週末にプーケット・ムアン・プーケットのラサダにあるシレー島の魚市場機構桟橋で起きた事件について通知を受けたと語った。

消防車に乗った消防士が現場に到着すると、停泊していた漁船2隻で激しく燃え上がっているのを発見した。 消防団による多大な努力の末、火災は最終的に鎮火した。 漁船は両方とも荒廃しており、現在は住居としても漁業にも使用されていない。 負傷者は報告されておらず、油漏れも発見されなかった。

プーケット海洋事務所は、火災の正確な原因を究明し、ボートの所有者を特定し、全体的な経済的損失を確定するために調査を続けている。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。