カトゥーで男が白昼、元カノを刺殺

カトゥー–

カトゥーで男が元恋人を刺殺した。

カトゥー警察は月曜午後(28月XNUMX日)に事件の通報を受けた。th)カトゥーのウィチットソンクラム通りにあるバイクショップの前。

警察、救急隊員、プーケットエクスプレスが現場に到着すると、ペッチャブーン在住のウィモンさん(30)とだけ特定される女性を発見した。 彼女は地面に多くの刺し傷を負って大量に出血し、地元の病院に救急搬送されたが、そこで悲劇的に死亡が確認された。

警察はペッチャブーン在住のペイタイさん(32)とのみ特定された容疑者を逮捕した。 彼はウィモンさんの元ボーイフレンドだった。 押収されたのは長さ25センチの先の尖ったナイフでした。 手に切り傷が見つかり、カトゥー警察署に連行された。

ペイタイさんは警察に対し、元恋人との関係を修復しようとしていたが、彼女は拒否して彼から立ち去ろうとしたと語った。 男は口論になり、その後肉体的な口論が始まる前に彼女を追って、何度も彼女を刺した。

カトゥー警察はまだペイタイ氏の正式な容疑を特定していないが、殺人が計画的であったかどうかを判断しており、告発は予定されていると述べている。

本稿執筆時点で、ペイタイ氏は依然として警察に拘留されている。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。