首相、航空会社と観光促進について協議

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は、2023年の最終四半期にピークを迎える観光シーズンに備えるため、航空業界の代表と会談した。スレッタ氏は、就任後の政権はまず観光業の活性化を優先すると述べた。

この会議には、タイ空港局(AOT)の代表者、国内の主要国際空港の運営者、航空会社8社のCEOが出席した。 会合に先立ち、首相は国の経済を担う閣僚のポストの主要候補者を参加者に紹介した。

首相は、最終四半期が経済促進と旅行のピークシーズンにとって重要な時期と考えられていることから、就任後直ちに観光事業に取り組むと述べた。

AOTのケラティ・キジマナワット会長は、金曜日の首相との会談後、特にバンコクとプーケットの空港に就航する航空便の不足について、AOTが他の組織の代表者らと協議したと述べた。 この部門は、タイの 6 つの空港で将来の中国およびその他の国からの便に備えて発着枠を準備する必要があります。

バンコク・エアウェイズの最高経営責任者兼社長でタイ航空協会会長のプッティポン・プラサートン・オソス氏は、協力の意欲を表明し、同社の航空会社が来るべき旅行のピークシーズンに向けて十分な準備ができていることを再確認した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。