タイの新首相、エネルギー料金と原油価格の高騰に緊急対応へ

プレスリリース:

タイ工業連盟(FTI)は、エネルギー料金とディーゼル小売価格を削減するというスレッタ・タビシン首相の公約への承認を表明した。

FTI のクリエンクライ・ティエンヌクル会長は、エネルギーとディーゼル価格の高騰により生活費と製造費が高騰しており、FTI は政府支援を継続的に主張していると述べた。家庭用電気料金は 4.7 月から 4.45 月まで XNUMX キロワット時 (単位) あたり XNUMX バーツであったが、 XNUMX月からXNUMX月にかけてXNUMX台当たりXNUMXバーツにわずかに下がっただけだが、FTIはこのレートが依然として高すぎると考えている。

スレッタ氏は最近の声明で、政権の最優先事項は就任直後にエネルギー価格を引き下げることであると強調した。 FTI委員長は、新政府が具体的な措置を講じればFTIは喜んでおり、国内の企業や国民の経済的負担を軽減するための新たな措置が速やかに導入されることを期待していると述べた。

FTI会長は、エネルギーとディーゼルの価格設定は購買力を高めるだけでなく、あらゆる側に利益をもたらすだろうと述べた。 しかし同氏は、景気減速と高金利が企業の課題であると強調し、今年最低賃金を日量600バーツに引き上げる計画を再考するよう政府に勧告した。 最低賃金の引き上げは、これらの企業、特に現在の状況で苦境に立たされている企業にとって、より大きな経済的負担となるだろう。

一方、スレッタ・タビシン首相は最近、前政権の副首相兼エネルギー大臣であるスパッタナポン・プンミーチャオ率いるタイ国民党の代表団と会談した。

彼らの議論は政府の政策、特にエネルギーと燃料の価格を削減する戦略に集中しました。

首相は、初閣議後、電気料金削減に向けた取り組みの即時実施の可能性について国民に知らせる意向を示した。

新内閣でもエネルギー大臣としての役割を留任するとみられるスパッタナポン氏は、この会談は予備的な意見交換の役割を果たし、その後党指導者や幹部らの間で正式な協議が行われると述べた。

同大臣はまた、調理用ガス価格の規制の可能性が新首相と話し合われた議題の一つであることにも言及した。 新政権とエネルギー省との間でさらに検討が進められ、これらの取り組みが実現可能かどうかが決まるだろう。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

元の記事: FTI、電気料金とディーゼル価格を引き下げるという公約を支持, PMとUTNがエネルギーと燃料価格について話し合う

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。