更新:タラーンでカザフスタン人十代の溺死遺体が発見される

プーケット—

日曜日の朝、プーケットのタラン地区にあるナイヤンビーチで、18歳のカザフスタン人観光客の遺体が打ち上げられているのが発見された。 遺体は最初の事件現場から約2キロ離れた場所で発見された。

まず前の話:

カザフスタンの十代の少年がタラーンの海で泳ぎに行った後、行方不明になったと報告された。

今私たちの更新のために:

予備調査の結果、死亡した人物は確かに行方不明のカザフスタン人観光客で、17歳のロシア人の友人とタイで休暇を過ごしていたことが判明した。 XNUMX 人の友人はテレグラム アプリでつながり、サクー地区のビーチで XNUMX 日を楽しむことに決めました。

悲劇的なことに、彼らが泳いでいる間に強い波が襲い、7月30日午後1時XNUMX分頃に若い観光客は水中で行方不明になってしまいました。 地元当局はただちに捜索救助活動を開始したが、残念ながら今日初めに観光客の遺体が発見され、捜索救助活動は終了した。

この事件は、亡くなった旅行者の友人と家族を深く悲しませました。 遺体は地元の病院に搬送され、さらなる検査と必要な処置を受けることになる。

TPNメディアは、家族や友人が親戚に連絡しているため、この記事では故人の名前を伏せているが、以前行方不明になっていた際には、発見されることを期待して親戚や当局によってその名前が広く共有されていた。

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。