国連が動物に対する暴力からの保護を子どもの権利の一部として認識し、動物福祉の画期的な進歩  

プレスリリース:

子どもたちを動物に対する暴力から守る必要性が国連子どもの権利条約 (UNCRC) に正式に採択され、動物の権利が初めて人権の領域に引き上げられました。

最近発表された一般意見第 26 号の中で、「あらゆる形態の暴力から自由になる権利(第 19 条)」に基づき、UNCRC は次のように述べています。家庭内暴力などの暴力や、 動物に加えられる暴力に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

法的拘束力のある国連の人権憲章で動物虐待が言及されたのはこれが初めてである。 子どもの市民的、政治的、経済的、社会的、健康的、文化的権利を定めたUNCRCに署名している196カ国すべてが、これに従う義務があります。

タイに本拠を置く動物愛護団体ソイ・ドッグ財団は、この追加を世界中の動物愛護にとって画期的な瞬間であると称賛し、動物虐待と闘う継続的なキャンペーンの一環として、必要な政府に責任を追及する確固たる意向を表明した。

同財団はXNUMX月、ベトナムにおける犬と猫の肉取引に関する報告書を発表し、社会における動物による暴力と、それにさらされる子どもたちへの心理的悪影響との切っても切れない関係を実証した。

ハノイにあるベトナム国立大学社会福祉学部の教授らによって実施されたこの報告書(リンク調査として知られる)は、UNCRCに動物の権利を含めることに関する検討のために国連に提出されました。

「動物と児童福祉の専門家は、政府が認可した子どもたちを動物による暴力にさらすことは、若者自身に対する心理的暴力の一形態である可能性があることを強調している」とLINK調査の概要には書かれている。

「虐待が被害者である動物だけでなく、個人やより大きな社会に悪影響を与える可能性があることを示す証拠が国を超えて存在します。 したがって、政府が、動物虐待にさらされた青少年に対する悲惨な心理社会的影響を認識しているにもかかわらず、暴力への曝露を無視または容認することを選択した場合、彼らの行動、あるいは不作為が基本的人権の侵害となる可能性があると主張することができる」と続けた。 。

動物虐待と人間の暴力との関連性の認識と理解を長年にわたって運動してきた欧州リンク連合も、この法案の包含に満足の意を表明し、それに応じて子供と動物を保護する効果的な法律を制定するよう各国政府に求めた。

「公共の場で動物を殺してホームレスの動物の数を管理しようとしている国は、こうした行為をやめなければなりません。 子どもたちが闘牛や同様の伝統に参加することは禁止されなければなりません。 子供たちをトロフィーハンティングに連れて行ってはいけません。 動物の犠牲の伝統に子供を参加させることはできません。 犬猫肉産業への子供の参加はやめなければならない」と連合は述べた。

「何百万もの動物が保護されるようになり、想像を絶する数の子供たちが暴力が正常であることを学ばなくなり、他のすべての生き物に対する彼らの思いやりや共感は維持され、保護されるだろう」と同報告書は付け加えた。

上記は、PR資料およびTPNメディアに記載されている組織による完全な許可および承認を得て発行されたプレスリリースです。 プレスリリースに関与する組織の声明、考え、意見は完全に独自のものであり、必ずしもTPNメディアとそのスタッフのものを表すとは限りません。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。