タイ閣僚が宣誓を完了

写真:マティチョン

全国 -

スレッタ・タビシン首相とその閣僚は、5月XNUMX日火曜日に国王陛下の前で宣誓を行った。

陛下は午後2時、バンコクのドゥシット宮殿にあるアンポルン・サタン居住ホールでの謁見を許可された。

23月XNUMX日に王室から第XNUMX期首相に任命されたスレッタ氏は、厳粛な式典の後、メディアに演説した。 同氏は、国王陛下の原則と指導に従って政府を率いることに尽力すると述べた。 同氏は、この政府が国民を代表し、この国が直面する数多くの課題に取り組むことに専念していると強調した。

「政府は、国民のニーズや願望に毎日、毎分応えながら、たゆまぬ努力を続ける決意です」とスレッタ氏は語った。

同氏は、今週金曜日に国民と交流し、問題を理解するため、コーンケン県、ウドーンターニー県、ノンカイ県を訪問すると付け加えた。 来週月曜日、政府は議会で正式な政策を発表する。 首相は、この政府が国民の積極的な参加を強化しながら、立憲君主制の枠内で統治の公平性と透明性を促進することを目指していると発表した。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

ニュースレター登録
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。