タイ軍、徴兵枠削減計画の概要を発表

プレスリリース:

バンコク(NNT) – スーティン・クルンサン国防大臣は、軍が新政府の政策に沿って徴兵枠を即時削減する計画を概説したことを確認した。

スーチン大臣は、スレッタ・タビシン首相兼財務大臣とともに、3月XNUMX日に次期軍指導者らと協議を行った。 会談は国の現状に焦点を当て、関連問題に取り組み、関係各党の要件や要求を交換した。

政府と軍はいずれも、志願兵役制度への移行など複数の政策目標で合意していると述べた。 双方はまた、さまざまな側面にわたる軍の政府支援の必要性についても議論した。 軍は、組織の改善と政府政策との整合に向けた積極的な姿勢を強調し、将来起こり得るあらゆる課題について政府に情報を提供し続けることに尽力すると述べた。

これらの措置が発効するスケジュールについての質問に対し、スーチン氏は具体的な成果が遅滞なく現れるだろうと述べた。 具体的には、2024年XNUMX月までに志願兵役制度に移行することで、徴兵枠が大幅に削減される見通しだ。 高位将校の過剰な数に関連する懸念に言及し、国防大臣は、軍全体の規模を段階的に縮小する計画が立てられていると述べた。

スーチン氏によると、正確な削減率は現在検討中であり、軍は提案された数字の提示に積極的に取り組んでいるという。 これらの計画は内部で議論されていますが、まだ公表されていません。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。