タイは最高の国リストで29位にランクされました

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 在米国タイ王国大使館は最近、US News & World Reportが今年まとめたリストによると、タイが世界29の最良の国のうち87位にランクされたことを強調した。

このリストは、日常生活の冒険、敏捷性、文化的影響、起業家精神、伝統、生活の質など、73 の属性にわたる各国の世界的なパフォーマンスに基づいています。

報告書は次のように述べている。「充実した農業部門と競争力のある製造業により、タイは貧困率と失業率が低く、力強く成長し続けている。 世界最大の米輸出国であり、繊維、錫、エレクトロニクスのリーダーでもある。 西洋の教育とテクノロジーは敬虔な仏教社会に吸収されてきました。」

また、タイは世界で最も観光客が多い国の一つであるにもかかわらず、観光業が国内総生産(GDP)に占める割合はわずか7%にすぎないとも報じられている。

ASEAN諸国の中でタイより上位にランクされたのはシンガポールのみで16位、次いでマレーシア38位、インドネシア41位、フィリピン43位、ベトナム44位、カンボジア64位、ミャンマー80位となった。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。