プーケット海でボート戦闘、波に乗りXNUMX人死亡、XNUMX人行方不明、XNUMX人生存

プーケット-

プーケットのムアン・ラワイの海でボートが強い波と格闘し、XNUMX人が死亡、XNUMX人が行方不明、XNUMX人が生存した。

タイ王国海軍第10方面軍はプーケットエクスプレスに対し、日曜午後(XNUMX月XNUMX日)に地元のボートが「アウー島」付近で転覆したとの通報を受けたと語った。th).

生存者はロジャナサク・スイートムさん(45歳)とルビービーン・タムマリーさん(46歳)の52人。ウィタヤ・マリラさん(44歳)は遺体で発見され、ウィシット・ソンクンさん(XNUMX歳)はまだ行方不明である。

ロジャナサック氏はプーケット・エクスプレスに次のように語った。 ウィシット氏はボートの船長だった。 釣りをするために立ち寄ったとき、私たちはアウ島から約10メートル離れたところにいました。」

「正午から約3メートルの高さの波が継続的に船を襲い始めた。 船の前部に水が浸入した。 私たちはボートから水を取り除こうとしましたが失敗し、ボートは沈み始めました。 泳ぎが得意なルビービーンさんは、助けを求めるのに約XNUMX分かかったが、釣り竿を持って泳いでアウー島に戻った。」 ロジャナサック氏は続けた。

「この時点では、残っていた3人は全員海に浮かんでいました。 ウィシットさんは、水中に沈む前に、生き残るには弱すぎたと語った。 その後、ラビーン氏は釣り竿と釣り糸を使って私を陸に引き上げてくれました。」

「その間、私はウィッタヤさんの手を握っていました。 彼は海に浮かぶ泡箱をつかんでいた。 私は彼を安全な場所に引き寄せようとしましたが、大きな波が私たちを襲い、私の手が彼の手から離れてしまいました。 ラビーン氏と私は彼を探そうとしましたが、泳いで陸に着いて救助者を呼ぶ前に見つけられませんでした。」

ウィタヤさんは救助隊が到着したときに死亡しているのが発見され、ウィシットさんは本記事の時点ではまだ行方不明だった。 男性らが救命胴衣を着用していたかどうかは不明。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。