バンコクを含む33県に大雨予報

全国 -

タイ気象局は、今後33時間以内に24の県で大雨が降り、バンコクの70%が影響を受けると予想している。

同省は14月XNUMX日木曜日、猛烈な嵐がミャンマー、タイ北部、ラオス北部を通過し、低気圧とともに北ベトナムとタンケイ湾に接近していると発表した。 南西からの別の小さな嵐がアンダマン海とタイ湾を襲いました。

このため、タイ北部、北東部、中部、東部の一部の地域で大雨が降る可能性があります。

被災地域に住む住民は、特に山の斜面の川沿いや低地での鉄砲水に注意するよう呼び掛けている。 また、雷雨時の運転には注意するよう呼びかけられています。

アンダマン海上流とタイ湾上流では高さ1〜2メートルの波が予想されており、雷雨時には2メートル以上の波に見舞われる地域もあります。 雷雨時の航行は避けるべきです。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。