サムイ空港でミニバンの運転手に撃たれ、グラブの運転手が重傷

サムイ、スラタニ–

グラブの運転手がサムイ国際空港でミニバンの運転手に撃たれ、銃弾による重傷を負った。

ボプート警察はプーケットエクスプレスに対し、水曜日(13月XNUMX日)に事件の通知を受けたと語った。th) タクシー駐車場にて。

目撃者らが関係警察に語ったところによると、負傷した男性はすでに病院に運ばれており、身元はボーイ氏(30)のみと判明したという。現場では弾丸50発が見つかった。 容疑者は当初、パオ氏(XNUMX歳)とのみ特定されていたが、現場から逃走した。

目撃者らはボプート警察に対し、パオ氏はミニバンタクシーの運転手で、モバイルアプリ「グラブ」の運転手であるボーイ氏と口論になったと語った。 パオさんはボーイ氏に、空港内ではなく空港エリアの外で乗客を迎えに行くよう依頼していた。 議論は混雑した空港で多くの証人の前で行われた。

ボーイさんはパオさんの「要求」に激怒し、カッとなってパオさんに手で暴行を加えたという。 パオさんは激怒し、ミニバンから銃を奪い、ボーイさんに向けて発砲したが、ボーイさんは逃げようとしたが失敗した。 この事件は目撃者とCCTVによってはっきりと撮影され、ソーシャルメディアで共有されたため、事件は急速に広まりました。 TPNメディアは、敏感な視聴者を混乱させる可能性があるため、この映像を共有しないことを決定した。

本稿執筆時点で警察はパオ氏の行方を追っている。 モバイルアプリのタクシー運転手と「伝統的な」タクシー運転手との間の事件は新型コロナウイルス感染症終息以降、全国で激化しており、タイ当局は双方をなだめるためにさまざまな戦術や政策を試みている。

関連する話ですが、プーケットから:

「Grab」タクシー車両は、本日(1月XNUMX日)からプーケット国際空港にサービスを提供する最初のアプリケーションタクシーサービスとして許可されるようになりました。st).

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。