企業は政府の電力削減とディーゼル価格の上限を歓迎

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 電気料金とディーゼル料金を引き下げるという政府の決定は、引き下げにより生活コストと財政支出が軽減されるため、企業や従業員に歓迎されています。

スレッタ・タビシン首相が4.104月30日に政府の政策声明を発表したことを受け、内閣は電力料金を13キロワット時(単位)当たり20バーツに引き下げ、ディーゼル価格の上限をXNUMXリットル当たりXNUMXバーツとすることを承認した。ディーゼルの新小売価格はXNUMX月XNUMX日に発効するが、この価格は今年XNUMX月まで実施される。

タイ貿易産業雇用主連合(EconThai)はこの動きを支持し、燃料価格の上限により企業は輸送費を節約でき、ひいては消費者にとって安定した製品価格が維持されると述べた。 同団体はまた、将来人々に影響を与える新たな財政問題を引き起こさないように、国家予算に与える影響を評価するよう政府に助言している。

一方、バンコク銀行のチャルシリ・ソフォンパニッチ頭取は、新政府の経済政策は経済を活性化させ、経済成長に貢献し、国の競争力を持続的に強化するだろうと述べた。

チャルシリ氏の意見に同調し、サイアム商業銀行エコノミック・インテリジェンス・センター(EIC)の首席エコノミスト、ソンプラウィン・マンプラサート氏は、政府の景気刺激策は5年までにGDP成長率を2024%以上押し上げる可能性があると述べたが、この短期的な成長は天秤にかけなければならないと警告した。長期的な財政負担。 それでも同氏は、世界的な不確実性を注意深く監視しながら、経済回復を支援するための他の選択肢を検討するよう内閣に助言した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。