チェンマイ空港、乗客収容力を高めるために拡張を計画

プレスリリース:

バンコク (NNT) – チェンマイ空港は、空港の容量を拡大し、国内外の便の受け入れを増やすための開発計画を発表する準備を進めています。

チェンマイ空港のヴィジット・ケウサイティアム所長は、同空港が開発計画の一環として新しいターミナルを建設し、空港の利用者数を年間8万人から16.5万人以上に増やすと述べた。 フライトも倍増して30時間あたり最大XNUMX便となり、特にヨーロッパからの国際線を増やすために運航時間も延長される。

このターミナルプロジェクトは、タイ空港の戦略計画およびチェンマイ県の地方開発計画に沿ったものである。 ターミナル建設の第 2029 段階は完了までに XNUMX 年かかり、ターミナルは XNUMX 年までに運用開始される予定です。

空港関係者らは今週末チェンマイ県を訪問するスレタ・タビシン首相に開発計画の詳細を報告する予定だ。 首相は9月15─17日に同州を訪問する予定で、空港幹部らと会い、空港の拡張計画や近隣地域への影響について話し合う予定だ。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。